仕事にて。

幾つかの手順に沿って決まった作業をこなしていく。
単純な手順なのにそれをポッカリ忘れて、ポッカリ忘れるだけならまだしも頭の中で勝手に違う手順に書き変えてしまって、それを正常な手順だと思い込んで行動してしまうことが自分にはある。
仕事仲間が唖然とする。何をやっているんだ的な表情で見られる。
自己嫌悪に襲われ、うまく気持ちを切り替えられればいいのだけれどそれが出来ず、結果、ずっと引きずっている。
ああ、まただ。
この癖のおかげで何度となく失敗してきた。
もしかしたら自分は病気なのではないのだろうか。
医者に診てもらえばそれらしい病名を言われそうな気がする。
まあいい。
診てもらって何が変わるわけでもないと思っている。
そんなふうに自分を誤魔化して今日を繰り返している。
自分にとってそれが生きることなのだろうと思っている。