憂慮。

℃-uteについて思っている事を少しだけ。
都会っ子 純情。」のPV。
ダンスする彼女たちに魅せられて今年の楽曲大賞に投票したほどです。
愛理ちゃん中心で構図が移動していく演出はこの曲がまるで彼女のために生まれた歌であるかのようです。
愛理ちゃん贔屓な自分としては最高の映像だったはずなのに。
千聖ちゃんが他のメンバーの陰になって全く見えない、そう思い始めると気になって映像が楽しめなくなってました。
℃-uteの個性はね、一つの楽曲のなかでそれぞれのメンバーがある時はメインになり、ある時はコーラスになり、めまぐるしく入れ替わる爽快さにあると思ってます。
あの迫力は、ソロでやっていける歌唱力を持ち合わせた女の子たちがひとつになって歌うから、ダンスするから生まれるのです。
だから、この楽曲はすごくカッコ良いかもしれないけれど彼女たちが歌うにそぐわないと思います。
メイン担当がいて、コーラス担当がいる、ハロプロの他のユニットと何ら変わらなくなってしまいますものね。
今回の楽曲を傾向にして欲しくないです。
℃-uteは、歴然と、毅然に、ずっと、℃-uteであり続けなければいけないと思うから。