後浦ライブから思い浮かんだ諸々のこと。


昨日の書き込みの続きです。


後浦なつみでライブするって聞いた時に何より先にミキティの顔が浮かびました。
昨年のクリスマス、ミキティは久しぶりにごまっとうが出来てとてもうれしそうだった。
その時の表情が思い出されてすごく切なくなりました。


ミキティはソロなのです。
彼女が娘。に参入してかなり経っているのにも関わらず自分の中ではそうなっているようです。


そういえば、後浦なつみの映像を観るたびに心のどこかにミキティへの想いがあったような気がする。
自分には、後浦なつみの4番目のメンバーがずっと見えていたのかもしれないです。


話は変わって…。


後浦なつみはトライアングルエナジーで何を魅せてくれるんだろう。
持ち歌が何もないので結果的にジョイントライブになるんじゃないのだろうかって予想できます。


自分的には、シツレンジャーをドラマ仕立てでやって欲しい気がします。
ただ、真希さんは大河ドラマで忙しいだろうし、亜弥さんはいろんなライブしなくちゃいけないみたいですから、一緒に練習している余裕なんぞないでしょうね。
セットリスト全曲がライブのための書き下ろしなんて粋なことやってくれないものですかねえ。


さらに話は変わって…。


今、亜弥さんの身体を心配しています。
ソロ、後浦、キャプテンと、いろんなライブを一度にやろうとしているからです。
普通に考えてもうまくいかないと思います。


締め括りとして…。


ハロプロの展望について、女性版ジャニーズを目指しているのではないのかなあって思っていた時期があります。
それがこの頃は何を目指しているのかわからなくなってしまいました、先が見えなくなって試行錯誤を繰り返しているように感じられるのです。
モーニング娘。のオーディションが再び行われるみたいですし事務所の焦りみたいなものを感じずにいられません。