叱咤激励してみる。


なっちさんが復帰出来ないそうです。
ハロプロの仲間が全員で彼女のためにお詫びする事は決していいことではない。
あの時そう書きました、おじさんはこうなる事を心配していました。


理由を慮るに、彼女自身が活動することに臆病になってしまったか、
事務所から今後の活動についてムリな条件が提示されたか、
どちらかだと思います。


でもね、なっちさん。
何のためにそこにいるのか思い出してごらん。
今が気張る時だと思うよ。


キツイ事を言うかもしれないけれど、おじさんはソニンさんをずっと追ってきたから、みんなに認めてもらうためには沢山の努力が必要な事をわかっている。
なっちさんは決して孤独じゃない、あなたの心からの笑顔を待ちわびている仲間が世界中にいるのを思い出して欲しい。


なっちさんの今の状況って、ソニンさんが泣きながら頑張っていたあの頃にそっくりじゃない。
歌いたいのなら自分から動き出さなきゃダメだよ。


妹さんだってそうだったでしょ。
スキャンダルで立ち直れないような状況を持ち前の明るさで吹き飛ばしてきたんだもの。
あさみんはわかっているんだよ、立ち直ることが出来たのは自分を応援してくれる沢山の仲間のおかげだったって事を、だから彼女は今でも謙虚さを忘れない。


東京から室蘭まで走れるかい?
歌いたいという一途な想いのためだけに、それよりずっと遠くまで走った女の子がいたんだ。
それって、命がけだよ。


決断するしかないんだ。
なっちさんの歌いたいって気持ちに曇りが無いのなら。