宣言


カオリンさんが卒業して、彼女のソロのライブが始まったら絶対参戦します。
でも、彼女のライブだったら参戦って表現は間違いだよね。


アヴニールがすごくいいのです。
彼女のライブだったら、当然これに含まれる楽曲で進行すると思われます。
圭織さんの実際の歌声でアヴニールを楽しみたいなあって渇望し始めたわけです。


オドリとか、マワリとか、アヴニールの曲風を考えたならありえないでしょ、
ってゆーか、絶対やるな!って言いたい。
とまあ、そんな事をわたしが言わなくても、彼女のライブに集まる方であれば心得ていてくれていると確信しています。
(一般の方より圭織ヲタを名乗っている方のほうがその辺りをわかっていなかったりして…お願いしますね)


圭織さんのライブ…、
うーん…ライブって表現より、あえてコンサートって言いたいなあ。
これってハロプロでいえば革新だと思うのですよ、
だって、観客側の”楽しむ”という意味が全く違ってくるじゃないですか。
ステージ上の推しメンと一緒にハジケるって楽しみ方じゃなくて、クラッシックのように歌声を堪能するコンサートになるんです。


実は、それを最初に実現するのは亜弥さんだと思っていました、彼女はどんどんアイドルらしくなくなってますからね。
どうやら、圭織さんに先をこされそうです。


先陣は誰が切ってもいいのですよ、だってハロプロに所属する誰もがいずれはオトナになっていくのだから。
誰かが道を作らなければならないと思っていますからね。